スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Niagara fallsその1 行き方編

トロントからNiagara Fallsってすごい近いんですよ。
2時間弱で行くことができます。
なので留学生同士で明日天気いいからちょっとナイアガラの滝までいくか?
っていう感じの軽いノリで行きます。

トロントからNiagara fallsの行き方はバスまたは電車になります。
電車は利用したことがなく、
また本数も少ないので時間がある人には車窓を楽しむことができるので、
お勧めかもしれません。

基本、トロントの留学生が利用するのはバスです。
バスにも何種類かあるのですが、今回は長距離バスカジノバスについて
ご紹介したいと思います。

まず、長距離バス。
これはトロントのセント・パトリック駅からダンダス方面(東)に歩いていくところに、
バスディーボと呼ばれるバスターミナルがありますので、
そこから窓口でグレイハウンドまたはコーチという会社のバスのチケットを買うことになります。
値段は随時変わるようですが僕の時は往復35ドルでした。
所要時間は2時間弱です。
ただし、到着するバスターミナルがナイアガラの滝から少し離れたところにあります。
なので、市内バスに乗り換えていくか、もしくタクシーにのっていくことになります。

もう一つの行き方は年齢制限があります。
なぜならばこちらはカジノをする人限定のバスになるからです。
カジノバスを利用する際、20歳以上であること
手荷物はバック一個くらいまでになります。
なので、パスポートなどのIDが必要になりますのでお忘れなく。
また、観光はしないってことになっているので、カメラなどは隠して持ち込むことをお勧めします。
カジノ内はカメラの撮影が禁止されています
そこにカメラを持っていくのはなぜか問われる可能性があります。
観光に使うということがわかると35ドル支払わなければならないので注意してください。
また、初回の利用の方も35ドルになりますが、
2回目以降5ドルで利用することができるので、
長期滞在で貧乏学生にはもってこいのバスになります。

利用の仕方はバスストップを調べてそこから乗り込むかたちになります。
僕は普段スパダイナにあるチャイナタウンのチャイナタウンセンターの前から乗っていました。
最初の利用の際は予約することをお勧めします。
たまに人が多くて乗れないことがあるので。

乗り方はまずバスガイドにナイアガラでカジノしたいといって
カジノカードを見せる、または持っていない場合初めてだと言えば乗せてくれます。
そして、バスに乗り込むときれいな中国人ガイド(時たますごい美人の時があります)が
英語と中国語で説明してくれます。
中国訛りの英語の説明なのでしっかり聞いて理解してください。
初回利用の方はガイドが回ってきたときにパスポートと35ドルを渡してください。
二回目以降の方はカジノカードと5ドルとパスポートです。
初回の方はホテルに到着後シートに残るように言われます。
そして係員の誘導に従い、ホテル内でカジノカードを作ることになります。

カジノカードを作ったらカジノにいくなり、買い物しにいくなり、
観光しにいくなり好き勝手してください。
また、帰りのバスの時間を指定されますが、
これは窓口がホテル内にあるのでそこで変更が可能です。
遅くするなり早めるなり自分のプランに合わせてトロントに戻る時間を
変更しておきましょう。
カジノバス運営している会社のHP(英語または中国語)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧人数
プロフィール

KJ likes music

Author:KJ likes music
4年間働いた某企業を退職後トロントに留学してみました。

トロントの情報を中心に載せていこうと思います。

最新記事
ご協力をお願いします。
クリックをお願いします。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
会社退職後カナダのトロントに留学してみました
ご協力をお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。